スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
赴任1ヶ月
ガーナに来て2ヶ月。
正式にNGOに赴任して1ヶ月。

担当調整員にもちょっと心配されたくらい、
オーバーワークな毎日。

でも、やりがいのある環境に身を置けて
ボランティアとして、とても光栄に思っています。

さて、何をしているかというと、
コミュニティの属性調査といって、
人口、世帯数、年齢、性別などの把握から、
第一段階として、こどもの低栄養と発達状況を
メインテーマにおき、戸別訪問をしています。

ダグバニ語がまだ話せないので、
地元のボランティアと二人で、巡回しています。

協力してくれているアブラハマネは、
イスラム教徒で、ただいまラマダーン中。

炎天下の中の調査であっても、関係ありません。
朝4時から夜8時までは、何も食べないし、飲むことも許されません。
そんな彼をよそに、お水を飲む私。
疲れた時のマンゴーは、おいしい!

最初は、いろいろと思うところもありましたが、
今は、そんな状況にも慣れました。

調査自体は、珍解答続出で、皆大笑い。
ご近所さんも集まってきて、一大イベントです。

大人に生年月日を尋ねると、きまって皆
額に手を置き、
「Oi(オイッ!:おっとー)・・」としばらくフリーズ。
そして、おおよその年齢(多分、ちょっと若めの年齢。)を答えます。

子どもの発達調査では、
衣服の着脱やトイレの自立が早いのに対し、
図形を写したり、色を識別することは、ことごとくできません。
まあ、そもそも、
ダグバニ語には、ピンクと赤とオレンジを言い分ける言葉がなくて、
全部ひっくるめて「赤」!
日常生活において、言い分ける必要性がないようです。


今後、第2ステップとしてマラリア対策の実態調査、
第3ステップとして保険や収入など調査していく予定です。

また、平行して、各コミュニティにクラブを設立する準備を進めています。
こども達30人ほどを集めた、土曜学校です。
マラリア予防の教育が真の目的ですが、
腰痛や頭痛、脱水などの対処方法、天体観測、日本紹介、
または、他の国や地域に対してのコミュニティ紹介、など番外編も企画中。

こどもが家に持ち帰って、親や兄弟に伝える。
こどもが未来に伝える。
それが、対象者をこどもにした理由です。

私のボスの考案です。
とっても素敵な企画が盛りだくさんで、
私も夢が膨らみます。

まあ、とにかく、あせらず、
ひとつずつやっていこうと思います。
スポンサーサイト
2009 / 08 / 31 ( Mon ) 23:58:06 | 日本国内旅行 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。