スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
夙川アトム
入職して間もない頃の話。

ターゲスをするように、と申し送られて、
何をしたら良いのかわからず困ったことがあった。

結局、血糖の日内変動を見る検査のことだったけど、
どの参考書をみても載っていなかった。

ドイツにいる優ちゃんに、
休み時間にメールで聞いてみたら、
Tagesじゃないかって。
グーテンターグのターグ。

だとしたら、
参考書には、載ってそうにもない話で。


そういったことは、
医療の現場にはあふれている。

ワイセとハーベーが低下した。
マーゲン抜去。
ムンテラする。
ステった。

もはや、「日本語」なのかもしれないけど。

一歩、違う環境に身を置けば、
もうちょっと、ドイツ語が身近だったら。

この職場も、おかしな光景に映るんだろう。
スポンサーサイト
2008 / 08 / 18 ( Mon ) 18:00:00 | 看護の仕事 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。